代表メッセージ
Message

Kouki Ikehara
池原 晃喜

情熱ダイニング株式会社
代表取締役

「情熱とは、夢に向かう
エネルギー
そして熱は、伝わる」

私たち情熱ダイニング㈱は、昨年お陰様で創業から20年をむかえることができました。
震災後、神戸の復興と共に歩んできた我々の想いは、温かい手作りの料理でおもてなしを行い、落ち着けて、楽しめる空間を提供し、来店していただいたお客様が元気、笑顔で帰っていける場所をつくる。その一つ一つが明日への活力源として神戸の繁栄につながることを信じ、ここまでやってきました。

「一人一人の大切にしていることを大切にできる」「それぞれが成長ステージとして舞台」常にこんな会社でなければ、お客様に、元気、笑顔をふりまける営業なんてできないという想いでとりくんでまいりました。
我々の社是「情熱とは、夢に向かうエネルギーそして熱は、伝わる」一人一人の想いが、この会社の原動力となっています。新たな一歩を踏み出そうとされている、皆さんとの出会いを楽しみにしています。

新たな挑戦

情熱ダイニングは、神戸の活性化と飲食サービス業界の地位向上をめざしています。
取り組みとしては、メディアでも話題になっている、JA六甲とタッグを組み、地元農家700軒から毎日朝採れ野菜を仕入れ、農家さんの収益を増やしていく「リファーム事業」を軸に昨年より野菜スウィーツ事業にも取り組むようになりました。

将来的には、サービス業の柱としてのホテル運営も考えています。そのノウハウを活かし、現在行っている飲食店の再生事業からリゾート施設の再生事業まで行えるような企業になっていきたいと考えています。
今年度の重点ポイントとしては、「野菜を中心としたレストランの展開」「インバウンド対策」「ケータリング事業の拡大」「野菜スウィーツ等のネット販売」をあげています。
基本的知識を学んだうえで、様々な企画に挑戦したい人をまっています。

Page Top